コンテスト評価方法

 


■ コンセプト
有資格者による審査と,一般参加者による審査を実施し,両者の視点から日本のあん摩・マッサージ・指圧師の技術を競う大会です.

■ 競技内容及び審査
有資格者および一般参加者への施術の2部門の合計点で審査します.
それぞれの配点比率は50%です.詳細は下記の通りです.

1. 有資格者による審査
・ベッドでの背腰部施術を15分間していただきます.審査員の肢位は側臥位,腹臥位とします.
・15分間で両側背腰部の施術ができるように術式を組み立ててください.
・施術は居福の上から行ってください.
・2名の審査員に対して施術を行います.
・点数は2名の審査員の平均点とします.
・施術中のホスピタリティについても審査しますので,挨拶や施術中の会話などは,日頃患者さんと接するように行ってください.

・評価表および評価基準は,一枝のゆめ財団公認の審査基準評価委員会にて承認を受ています.
・審査の公平性を保つために,審査員は事前に評価に関する講習を受けたあん摩マッサージ指圧師が行います.

2.一般参加者による審査
・資格を持たない一般の方に対して,座位での肩背部施術をしていただきます.
・コンテスト参加者は4名の一般参加者に対して施術を行います.
・一人の施術時間は10分です.
・一般参加者は施術の満足度を10点満点で評価します.
・4人の合計得点が一般参加者による得点として有資格者の評価点数に加算されます.

■ 審査項目

審査項目は次の通りです.評価基準に則り,0〜5点で審査いたします.

(1)力の強さは適切か.
(2)力のかけ方は適切か.(漸増漸減,手技に応じたかけ方)
(3)施術対象となる組織のとらえ方は適切か.
(4)各手技のリズムは適切か.
(5)術式の組み立て,部位に応じた時間配分は適切か.
(6)施術を受ける姿勢の指示やベッド上での配慮は十分か.
(7)挨拶・話し方・声のトーン及び施術中の会話は適切であったか
(8)立ち位置,患者との距離感は適切だったか.
(9)15分の施術は全体としてスムーズであったか.
(10)全体を通しての満足度

 

審査項目・基準は,あん摩マッサージ指圧コンテスト2018実行委員会が作成し,一枝のゆめ財団内に設けられた評価基準審査委員会(座長 矢野忠先生 明治国際医療大学 学長)で審議され,承認を得ています.

公開日:
最終更新日:2018/07/04